石巻日日新聞

雄勝に医科・歯科診療所開所 市立病院や赤十字病院と連携

石巻日日新聞 1月17日(火) 配信

 石巻市雄勝診療所と雄勝歯科診療所の開所式が16日、同町小島字和田地内の現地で行われた。震災後に石巻赤十字病院の救護所を引き継いだ仮設の医療施設が移転新築。震災前の雄勝病院より規模は縮小されたものの、市立病院や石巻赤十字病院などと連携し、住民の医療ニーズを担っていく。式典後に診療が始まり、地域住民が受診していた。

 移転新築した場所は、仮設診療所から約300メートル西側にある高台の造成地で敷地面積は1920平方メートル。建物は木造平屋建て、延床面積は約500平方メートルで東側が医科、西側が歯科の各診療室となっている。

 医科の診療科目は内科、外科、整形外科で医師1人、看護師3人、一方歯科は歯科医師1人、歯科衛生士1人、歯科助手2人の体制。診療時間はいずれも平日午前9時―午後4時。

 16日の開所式には地域住民の代表者らが出席。亀山紘市長は「仮設診療所の利用者には大変な不便をかけた。今回の新築移転により、十分な医療が提供できると確信している」とあいさつ。テープカットを行い、新たな施設の門出を祝った。

 住民代表で式に出席した大浜地区の永沼勝さん(75)は「高齢者が多い雄勝地区にとって医療施設はとても大切。これまでも一生懸命やってもらったが、本設になることでより安心できる」と喜びを語っていた。

【写真】開所を祝いテープカットが行われた

最終更新:1月17日(火)

新着記事