石巻日日新聞

何気ない日常の輝き 22日まで県民共済写真展

石巻日日新聞 1月18日(水) 配信

 県民共済写真展の石巻エリア展示会が、17日に石巻市門脇の県民共済石巻サービスセンターで始まった。昨年10月に仙台市内で行われた同展の上位入賞作品に加え、石巻地方の応募作品など約170点が展示されている。入場無料。
 県民文化の向上を目的に宮城県民共済生活協同組合が主催、宮城県写真連盟が共催している。15回目を迎えた今回は、784人から2151点の応募があった。
 石巻の会場では、日常の何気ない人の営みや鮮やかな自然の風景など撮影者の鋭い視点でシャッターを押した印象的な作品が並び、来場者らの感性を刺激している。
 県民共済の鹿野健一常務理事は「市民の皆さんに気軽に足を運んでほしい。作品の世界に触れ、写真の奥深さを楽しんでもらえれば幸い」と話していた。
 観覧時間は午前9時半―午後4時半(最終日午後3時)。問合せは県民共済(電話022-374-4588)まで。

【写真】ふとした瞬間をとらえた写真が多数並び、来場者を楽しませている

最終更新:1月18日(水)

新着記事