石巻日日新聞

マンガの王様 石ノ森氏生誕イベント

2017/1/21
 「仮面ライダー」や「サイボーグ009」などの作品を世に出した石ノ森章太郎氏(昭和13年―平成10年)の生誕79周年イベントが21日、石ノ森萬画館で始まった。催しは石ノ森氏の誕生日である1月25日の前後に毎年開催している。今年もミニクイズや特別ワークショップなどで「マンガの王様」と呼ばれた石ノ森氏自身と作品世界の魅力を存分に紹介している。

 初日はサイボーグ009シリーズのヒロイン、003に扮(ふん)した館内アテンダントの制服が、通常の赤のほか、青と緑も登場。3色の制服がそろうのは珍しく、笑顔で来館者を案内する姿がイベントを盛り上げた。

 1階交流コーナーでは、石ノ森氏が少年時代に中田町(現登米市)から自転車で通ったという岡田劇場を映像やパネルで紹介している。また、ミニクイズの全問正解者には記念グッズが贈られた。

 大崎市から友人と訪れた女性(28)は「仮面ライダーやサイボーグ009など、テレビや映画で何度もリメークされている。世代を超えてファンの心をつかむ魅力が石ノ森作品にはあると思う」と話していた。

 イベントは25日まで開かれている。

【写真】多くの来館者が石ノ森氏の魅力に触れた

最新ニュース