石巻日日新聞

高校入試後期出願 管内平均倍率は0.96倍

石巻日日新聞 2月25日(土) 配信

 県教育委員会は24日、平成29年度公立高校入試の後期選抜出願状況を発表した。石巻地区の全日制8校13学科・コースは、前期選抜の合格者数を除いた募集定員1071人に対して、1024人(男563人、女461人)が出願。平均倍率は0.96倍(前年度後期0.89倍)となった。
 石巻地区の29年度全日制募集定員は全体で1640人。このうち前期選抜では569人が合格している。

 後期出願の全日制で倍率が最も高かったのは、桜坂普通科・キャリア探求コースの1.23倍。次いで石巻工業機械科1.15倍、石巻北1.13倍となった。

 一方で、4校5学科・コースが定員割れとなり、最も低かったのは宮水海洋総合科の0.55倍。桜坂普通科・学励探求コースは0.60倍と定員割れしたものの、昨年度(0.21倍)の約3倍となった。

 定時制は、東松島普通科1(午前)と同2部(午後)の0.63倍が最高で、いずれも定員を下回った。

 後期選抜試験は3月8日に実施され、合格発表は16日午後3時に各校で行う。

最終更新:2月25日(土)

新着記事