石巻日日新聞

達者で100歳 みんなの手本 美園の永沼まつのさん

石巻日日新聞 3月7日(火) 配信

 石巻市美園の永沼まつのさんが2月28日、100歳の誕生日を迎え、市から祝詞と特別敬老祝い金20万円が贈られた。本年度の市内の100歳は永沼さんで42人目となった。
 永沼さんは大正6年に雄勝町桑浜に5男3女の次女として生まれ、昭和12年に近くの甚七さん(約40年前に他界)と結婚。4男5女に恵まれた。十代半ばから浜での仕事にいそしみ、芯の強い性格を発揮して周囲の男性陣に勝る働きぶりだった。また畑での野菜づくりも10年ほど前まで続けていたという。
 震災を受け美園に移り住んだ現在も、身の回りのことはすべてこなせるほど達者。4年前から孫の良介さん(34)が管理者を務める山下町のリハビリデイサービス施設に通い、健康維持を図っているほか、利用者の最年長として長寿の手本となっている。
 3月2日には市福祉部の高橋伸行次長が同施設を訪問。亀山紘市長からの祝詞と祝い金を手渡した。良介さんら親族の出席のもと、利用者の歌などで祝われた永沼さんは「皆にお祝いいただき本当にありがたいです」と語っていた。
 なお、4日には同市流留の辻米子さんも特別敬老祝いを受けた。

【写真】福祉施設で利用者らに祝福される永沼さん(右)

最終更新:3月7日(火)

新着記事