石巻日日新聞

慰霊の集い 七回忌で再会 人口10分の1の松原町

2017/3/7
 東日本大震災から6年を前に石巻市渡波地区の松原町内会(阿部和夫行政区長)は5日、浜松公園に特設テントを設け、「震災物故者追悼慰霊の集い」を開いた。長浜海岸東側の海沿いに位置する同町内は震災で約250世帯500人あった人口が10分の1にまで減少。住まいの再建などに伴い不通になる人々も多く、犠牲者の冥福を祈るとともに以前のつながりを途絶えさせない目的で行った。当日は多くの懐かしい顔が焼香台で静かに手を合わせ、再会の言葉を交わした。
 集いは特定非営利活動法人絆JAPAN(笠原正好理事長)が協力した。震災で同町内には防潮堤を越えた津波が直撃。多くの人が犠牲になったほか、一部が非可住地域に指定されるなどし、住民たちは仮設住宅での生活や転居を余儀なくされた。
 平成25年に三回忌の集いを開いた際には仮設生活者が多く連絡を取り合うのは可能だったが、6年経た今、住まいの再建が進み、移転先が分からない人も増えたという。
 この日は午前11時の開始前から人々が集まり、焼香台が整うと次々と献花、焼香した。訪れた内海高文さん(53)、由美子さん(54)夫妻は同町内の自宅が全壊し、高文さんの父親が犠牲となった。現在は富谷市で暮らしており、「津波で互いの連絡先や卒業アルバムも流された。連絡が取りたくても取れず、6年ぶりに会う人もいた。みんなバラバラだけれど、『頑張って生きる』と手を合わせた」と話した。
 阿部和夫行政区長は(69)は「9割の住民がここを離れ、今後も戻ってくることは望めないだろう。震災で地域の景色は変わったが、人々のつながりだけはこういった場を通して守っていきたい」と複雑な胸の内を語っていた。

【写真】人々が献花に訪れ、久しぶりの再会を果たした

最新ニュース

  • 元気と気合いで古里PR
     東松島市は3月30日、まちのPRを担う「東松島ふるさと復興大使」として、新たに吉本興業所属のお笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘さん(39)=同市野蒜出身...
    (2017/4/1)
  • 石巻市立病院ひと筋20年
     石巻市立病院に開院時から20年勤務し、このうち13年間病院長の職にあった伊勢秀雄氏(67)が、3月31日で退職した。65歳の定年を2年延長しており、同病院の...
    (2017/4/1)
  • 第21飛行隊40周年式典
     東松島市にある航空自衛隊松島基地で25日、第21飛行隊の創隊40周年記念式典が開かれた。出席者は震災による基地や保有機の被災を乗り越え、教育訓練が再開...
    (2017/3/31)
  • 夫婦で4年 派遣終えて帰還 石巻と東松島でそれぞれ活動
     東日本大震災から復興に取り組む石巻地方の2市1町で、先週末から今週にかけて派遣期間が満了した他自治体からの職員に対する辞令交付式が行われた。このう...
    (2017/3/31)
  • 金華山に新しい休憩所 完成祝い式典
     東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた石巻市の金華山に新しい休憩所が完成し、28日に現地で式典が開かれた。同市や女川町などから関係者約40人が集まり...
    (2017/3/30)
  • 大川小控訴審始まる 県・市は予見可能性否定
     東日本大震災の津波で石巻市立大川小学校の児童、教員計84人が犠牲となり、このうち児童23人の19遺族(29人)が市と県に23億円の賠償を求めた訴訟の控訴審...
    (2017/3/30)
  • 鹿島御児神社 本殿再建にめど 伊勢山神宮から古社殿譲与
     東日本大震災の揺れで基礎部分が大きく損傷したため、平成25年8月に解体された石巻市日和が丘の鹿島御児神社本殿。長らく再建のめどが立たない状況だったが...
    (2017/3/29)
  • 小乗浜トンネルが着工 交通アクセス向上に期待
     女川町中心部と半島地域を結ぶ主要地方道女川牡鹿線の(仮称)「小乗浜トンネル」の安全祈願祭が27日、内山地区で開かれた。町や工事関係者らが神事に臨み...
    (2017/3/29)
  • 石巻魚市場 主力コウナゴ初水揚げ
     石巻魚市場に28日、春漁の主力魚種であるコウナゴが今季初水揚げされた。全国的に不漁が続く中での初日は、30隻入港で6・5トンとなり例年並みの水揚げ量を...
    (2017/3/28)
  • 金華山灯台 登録有形文化財に 東北最古の石造 現役で活躍
     文部科学省文化審議会は28日までに、金華山灯台を登録有形文化財とするよう文部科学大臣に答申した。今も現役で稼働する洋式灯台で、明治9年11月に点灯され...
    (2017/3/28)