石巻日日新聞

宮戸・げんちゃんハウス 惜しまれながら店じまい

2017/3/27
 震災後、東松島市宮戸地区で地域自慢の味を提供してきた食堂「げんちゃんハウス」が26日に閉店した。地域の復興進展につれて利用していた工事関係者らの足が遠のき、売上減少となったのが理由。地域住民や、これまで復興支援のボランティアで同地区に訪れた人々に見守られながら涙の店じまいとなった。

 宮戸市民センター(奥田邦行所長)を運営主体とした同食堂は平成24年11月、震災により家業の民宿を失った3人の女性がスタッフとなって被災した奥松島縄文村歴史資料館の施設を改修してオープンした。地元の新鮮な食材を使った味が地域住民をはじめ、復興支援ボランティアや建設工事関係者らの人気を集めてきた。

 最盛期には年間700万円を超える売上を記録したが、地区の復興が進むにつれて客数も売上も減少。店舗運営の継続が困難となったことから閉店を決めた。
 26日は、宮戸の新鮮な食材を使ったランチを味わおうと次々と客が訪れ、「しらうお天ぷら定食」や「カキフライ定食」を注文。普段の約3倍となる約180人が来店した。

 また、屋外に設置したテントでは、店のフィナーレを飾ろうと、これまで同地区を訪れたボランティアらによるラーメンの提供もあった。1杯100円で販売し、用意した100杯は開始から2時間半で売り切れた。

 仙台市若林区から訪れた木村正明さん(58)は「季節の食材を味わいに2―3カ月に一度、来ていた。安くてボリュームたっぷりの味が食べられなくなるのは残念」と閉店を惜しんでいた。

 奥田所長は「感無量。試行錯誤を繰り返しながら、地域の旬の食材を届けてきた。今後も、ここで築き上げたつながりを大切にしていきたい」と語り、これまでの利用に感謝を込めていた。

【写真】奥田所長(右端)が感謝を込めて閉店のあいさつ

最新ニュース

  • 希望と癒やしの青い萬画館 8日までライト・イット・アップ
     国連が定める世界自閉症啓発デーの2日、世界各地のランドマークを自閉症啓発カラーの青色で彩る「ライト・イット・アップ・ブルー」が始まった。石巻市でも...
    (2017/4/3)
  • 旧観慶丸商店が新たな一歩 まちなか文化拠点でオープン
     石巻市指定文化財の旧観慶丸商店=中央三丁目=が2日、文化施設として開館し、新たなスタートを切った。昭和初期の洋風建築を今に伝える外観を残しつつ、震...
    (2017/4/3)
  • 元気と気合いで古里PR
     東松島市は3月30日、まちのPRを担う「東松島ふるさと復興大使」として、新たに吉本興業所属のお笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘さん(39)=同市野蒜出身...
    (2017/4/1)
  • 石巻市立病院ひと筋20年
     石巻市立病院に開院時から20年勤務し、このうち13年間病院長の職にあった伊勢秀雄氏(67)が、3月31日で退職した。65歳の定年を2年延長しており、同病院の...
    (2017/4/1)
  • 第21飛行隊40周年式典
     東松島市にある航空自衛隊松島基地で25日、第21飛行隊の創隊40周年記念式典が開かれた。出席者は震災による基地や保有機の被災を乗り越え、教育訓練が再開...
    (2017/3/31)
  • 夫婦で4年 派遣終えて帰還 石巻と東松島でそれぞれ活動
     東日本大震災から復興に取り組む石巻地方の2市1町で、先週末から今週にかけて派遣期間が満了した他自治体からの職員に対する辞令交付式が行われた。このう...
    (2017/3/31)
  • 金華山に新しい休憩所 完成祝い式典
     東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた石巻市の金華山に新しい休憩所が完成し、28日に現地で式典が開かれた。同市や女川町などから関係者約40人が集まり...
    (2017/3/30)
  • 大川小控訴審始まる 県・市は予見可能性否定
     東日本大震災の津波で石巻市立大川小学校の児童、教員計84人が犠牲となり、このうち児童23人の19遺族(29人)が市と県に23億円の賠償を求めた訴訟の控訴審...
    (2017/3/30)
  • 鹿島御児神社 本殿再建にめど 伊勢山神宮から古社殿譲与
     東日本大震災の揺れで基礎部分が大きく損傷したため、平成25年8月に解体された石巻市日和が丘の鹿島御児神社本殿。長らく再建のめどが立たない状況だったが...
    (2017/3/29)
  • 小乗浜トンネルが着工 交通アクセス向上に期待
     女川町中心部と半島地域を結ぶ主要地方道女川牡鹿線の(仮称)「小乗浜トンネル」の安全祈願祭が27日、内山地区で開かれた。町や工事関係者らが神事に臨み...
    (2017/3/29)