石巻日日新聞

女川の観光大使第1号 中村雅俊さんと山口ひろみさん

石巻日日新聞 3月27日(月) 配信

 女川町観光協会(鈴木敬幸会長)は26日、俳優と歌手の両面で活躍している地元出身の中村雅俊さん(66)と、同町とつながりのある演歌歌手の山口ひろみさん(41)を観光大使に任命した。観光大使は2人が初めてで、東日本大震災からの復興が進むまちの本格的な観光の幕開けを告げるにあたって、広く魅力を発信してもらう。

 任命式は女川駅前商業エリアのまちなか交流館特設ステージで行われた。町民や観光客が見守る中、同協会の木村正樹副会長は「復興途上であり、観光がますます重要になる。大使としてPRが女川の名を広める上で意義深く、実り多いものになると期待している」とあいさつし、中村さんと山口さんに観光大使の任命証とたすき、名刺を贈った。

 中村さんはかつての観光施設マリンパル女川名誉館長を務め、震災後は古里の復興へ積極的に活動してきた。

 観光大使となり、「ここで生まれ、ここで育ててもらった」と感謝。「震災で思い出がなくなった気がしたが、復興していく風景がゴールは必ず来ると確信させる。再生した女川のすばらしさを精一杯伝えたい」と述べた。

 一方の山口さんは大阪府出身。震災前の平成22年8月に女川町を舞台とした「三陸風みなと」をリリースしており、「ご縁があり女川に関わらせてもらい感無量。微力ながら皆さんによろこんでもらえる活動をしたい」と話した。任命式後には新曲「終(つい)の恋唄」「女川純情物語」を発表し、歌声を海風に乗せた。

【写真】女川町観光大使に任命された中村さんと山口さん

最終更新:3月27日(月)

新着記事