石巻日日新聞

夫婦で4年 派遣終えて帰還 石巻と東松島でそれぞれ活動

2017/3/31
 東日本大震災から復興に取り組む石巻地方の2市1町で、先週末から今週にかけて派遣期間が満了した他自治体からの職員に対する辞令交付式が行われた。このうち東京都中野区職員の高籏夫妻は、夫の智之さん(48)が石巻市、妻の里香さん(52)は東松島市でそれぞれ平成25年4月から4年間勤めた。この間に石巻地方のおいしい食べ物に出会い、馴染みの店もできた二人。東京に戻っても、復興を見守っていくつもりだ。
 智之さんは石巻市の防災の部署に配属され、津波避難タワー整備や防災ラジオの導入などの業務に携わった。この4年で業務内容に精通し、亀山紘市長から「派遣だったのですか」と勘違いされるほどだ。
 実は中野区で20年以上のキャリアでも防災に関わったことはほとんどなく、ましてや津波の恐れがない区。そのため、一から自分で勉強したという。
 里香さんは東松島市で災害廃棄物処理の業務やその作業に臨時雇用された市民の再就職支援、最近では新火葬場整備の推進に努めた。ごみ処理の経験はあったが、災害廃棄物はまるで次元が違うもの。「中野区では絶対に経験できない仕事ができた」と振り返った。
 休日は夫婦で釣りや東北各地の旅行に出かけ、食事は仮設屋台村の橋通りCOMMON(コモン)など石巻市内の飲食店をよく利用した。「復興のため、石巻にお金を落としたい」との思いがあった。都会より多少不便だが、酒や魚などうまい食べ物との出会いが、仕事以外でこちらに来てよかったと思える瞬間だ。
 震災発生当時、智之さんの職場は仕事を中断し、皆でテレビの津波の映像を見ていた。「何千人の死者はありえない」と衝撃を受けた智之さんは、間もなく短期の応援職員として亘理町を手伝った。福島県出身の里香さんもまた、石巻市などで何度もボランティア活動に従事した。
 そんな経過もあり、妻に相談せずに中野区から被災市町への派遣に手を挙げた智之さん。里香さんもまた、夫に内緒で申し込んでいた。自宅に愛犬がいたが、それぞれ相手が残るから「心配ない」と考えたらしい。
 派遣先は県内4市町。行くところを選べたわけでなく、偶然、隣市同士に派遣が決まった。石巻市、東松島市ともそれぞれアパートを用意してくれたため、結果、おのおのが単身赴任のようになった。
 二人とも最初の1年は仕事に戸惑うことばかりだったが、2年目に少しは役に立っていると感じられたという。派遣は当初、最長で3年だったため、「あと1年頑張ろう」と3年目。ところが中野区からあと1年の延長をお願いされ、4年を満了した。石巻市では他自治体から派遣で4年間は最長だ。
 はじめは分からなかった方言も理解できるようになった智之さん。「復興はまだまだで仕事は終わらないが、派遣は終わりが来る」と心残りを口にする。
 中野区に戻ってからの配属先は智之さんが障害福祉分野、里香さんは復興支援の担当。里香さんは「派遣職員を送り出す側になり、また石巻や東松島に関わるかも。個人的にはまた来たい」と話す。
 一方「石巻地方は食べ物がおいしく、もっと全国的に知られてもいいものがたくさんある」と智之さん。地域のことに詳しくなっただけに「心の復興も必要だけど、生活にはお金がいるから、こうした品々を生かした経済の復興も大事なんじゃないかな」とエールを送っていた。

【写真】石巻で最後の週末にコモンで食事した智之さんと里香さん、愛犬のすももちゃん

最新ニュース

  • 希望と癒やしの青い萬画館 8日までライト・イット・アップ
     国連が定める世界自閉症啓発デーの2日、世界各地のランドマークを自閉症啓発カラーの青色で彩る「ライト・イット・アップ・ブルー」が始まった。石巻市でも...
    (2017/4/3)
  • 旧観慶丸商店が新たな一歩 まちなか文化拠点でオープン
     石巻市指定文化財の旧観慶丸商店=中央三丁目=が2日、文化施設として開館し、新たなスタートを切った。昭和初期の洋風建築を今に伝える外観を残しつつ、震...
    (2017/4/3)
  • 元気と気合いで古里PR
     東松島市は3月30日、まちのPRを担う「東松島ふるさと復興大使」として、新たに吉本興業所属のお笑いトリオ、パンサーの尾形貴弘さん(39)=同市野蒜出身...
    (2017/4/1)
  • 石巻市立病院ひと筋20年
     石巻市立病院に開院時から20年勤務し、このうち13年間病院長の職にあった伊勢秀雄氏(67)が、3月31日で退職した。65歳の定年を2年延長しており、同病院の...
    (2017/4/1)
  • 第21飛行隊40周年式典
     東松島市にある航空自衛隊松島基地で25日、第21飛行隊の創隊40周年記念式典が開かれた。出席者は震災による基地や保有機の被災を乗り越え、教育訓練が再開...
    (2017/3/31)
  • 夫婦で4年 派遣終えて帰還 石巻と東松島でそれぞれ活動
     東日本大震災から復興に取り組む石巻地方の2市1町で、先週末から今週にかけて派遣期間が満了した他自治体からの職員に対する辞令交付式が行われた。このう...
    (2017/3/31)
  • 金華山に新しい休憩所 完成祝い式典
     東日本大震災の津波で甚大な被害を受けた石巻市の金華山に新しい休憩所が完成し、28日に現地で式典が開かれた。同市や女川町などから関係者約40人が集まり...
    (2017/3/30)
  • 大川小控訴審始まる 県・市は予見可能性否定
     東日本大震災の津波で石巻市立大川小学校の児童、教員計84人が犠牲となり、このうち児童23人の19遺族(29人)が市と県に23億円の賠償を求めた訴訟の控訴審...
    (2017/3/30)
  • 鹿島御児神社 本殿再建にめど 伊勢山神宮から古社殿譲与
     東日本大震災の揺れで基礎部分が大きく損傷したため、平成25年8月に解体された石巻市日和が丘の鹿島御児神社本殿。長らく再建のめどが立たない状況だったが...
    (2017/3/29)
  • 小乗浜トンネルが着工 交通アクセス向上に期待
     女川町中心部と半島地域を結ぶ主要地方道女川牡鹿線の(仮称)「小乗浜トンネル」の安全祈願祭が27日、内山地区で開かれた。町や工事関係者らが神事に臨み...
    (2017/3/29)