石巻日日新聞

中里の北上公園内 NTTドコモが支援 ちびっこパークが完成

2017/4/4
 大手通信会社のNTTドコモの支援により3月29日、石巻市中里の北上公園内に幼児向けの遊び場「ちびっこパーク」が完成した。同日は現地でオープニングセレモニーが行われた。早速、住民に開放され、子どもたちの楽しそうな声と笑顔があふれた。
 同社は平成24年度に「東北応援社員基金」を設立し、継続的な被災地支援に取り組んでいる。全国のグループ企業社員有志から毎月311円を集め、その合計と同額を会社から拠出し、合わせた額を復興支援に充てる内容で、26年度からは自治体に対しても実施。寄付先は、復興支援に関する事業をプロポーザル形式で募り、選定している。
 石巻市に支援したのは今回が初めて。北上公園(約1万平方メートル)には震災後、高齢者向け仮設グループホームが4棟建てられていた。撤去後、幼児向けの遊び場「ちびっこパーク」(約500平方メートル)が整備されたのを受け、900万円を寄付した。寄付金は複合型遊具やブランコなど6基と、パークを区切るフェンスなどの購入費に充てられた。
 式典には、市やドコモの関係者のほか地域住民や近隣のなかよし保育園の園児たちも出席した。亀山紘市長は「厚い支援に心から感謝している。遊び場作りを通して地域に子どもたちの笑顔を取り戻していきたい」と述べ、ドコモの藤原道朗東北支社長は「子どもたちの健やかな成長に役立ててほしい。今後もまちの発展に貢献していきたい」と語った。
 その後、園児たちから藤原支社長に感謝状が贈呈されたほか、テープカットとくす玉開披でパーク完成を盛大に祝った。

【写真】早速、完成したパークで遊ぶ子どもたち

最新ニュース