石巻日日新聞

名称は「いしのまき元気市場」

生鮮マーケット6月30日開設

石巻市 政治・経済 石巻日日新聞 5月9日(火) 配信

 民設民営の観光交流施設となる(仮称)石巻生鮮マーケットのオープンが6月30日に決まった。名称は「いしのまき元気市場」となり、旧北上川沿いの水辺空間を生かした拠点を担っていく。鮮魚や水産加工品、野菜、パンの直売と地元の味が楽しめるフードコートで構成。中心市街地でのにぎわい創出の拠点を目指していく。

 運営会社は(株)元気いしのまき(社長・後藤宗徳石巻観光協会会長)=石巻グランドホテル内=。水産加工関連12社、地元料理店5店、石巻市、関連企業など14社で構成している。施設整備に伴う総事業費は約5億5千万円。国の補助(最大2億5千万円)と金融機関からの借り入れで賄う。

 建物は木造一部2階建て商業棟の1階店舗は約1千平方メートル、2階のフードコートは約500平方メートル。鮮魚2店舗、焼き立てパン1店舗がテナントとして入り、石巻産を中心とした水産加工品や野菜は自社で扱う。フードコートでは海鮮丼や地元の魚を使った定食などをそろえる。

 「いしのまき元気市場」が建つ中央二丁目11番地区では、旧北上川の堤防整備と合わせて市の「かわまちづくり」計画が進んでいる。市場を拠点とし、周辺では今秋に立体駐車場(220台)、観光バス駐車場(5台)、来春ごろには、かわまち公共施設や交通広場が完成する予定だ。

 市場は年間購買客40万人、売上は7億8千万円が目標。元気いしのまきの遠藤泰雄統括マネジャーは「石巻の製品をアピールし、地元の方や観光客に足を運んでもらう施設を目指す。販売を通じて農業、水産業に元気を届けていきたい」と話していた。

 なお、同社では社員やパートも募集している。問合せは(電話93―8111)まで。

【写真】建物の外観が完成した

最終更新:6月8日(木) 10時37分

新着記事