石巻日日新聞

名称は「いしのまき元気市場」 生鮮マーケット6月30日開設

2017/5/9
 民設民営の観光交流施設となる(仮称)石巻生鮮マーケットのオープンが6月30日に決まった。名称は「いしのまき元気市場」となり、旧北上川沿いの水辺空間を生かした拠点を担っていく。鮮魚や水産加工品、野菜、パンの直売と地元の味が楽しめるフードコートで構成。中心市街地でのにぎわい創出の拠点を目指していく。

 運営会社は(株)元気いしのまき(社長・後藤宗徳石巻観光協会会長)=石巻グランドホテル内=。水産加工関連12社、地元料理店5店、石巻市、関連企業など14社で構成している。施設整備に伴う総事業費は約5億5千万円。国の補助(最大2億5千万円)と金融機関からの借り入れで賄う。

 建物は木造一部2階建て商業棟の1階店舗は約1千平方メートル、2階のフードコートは約500平方メートル。鮮魚2店舗、焼き立てパン1店舗がテナントとして入り、石巻産を中心とした水産加工品や野菜は自社で扱う。フードコートでは海鮮丼や地元の魚を使った定食などをそろえる。

 「いしのまき元気市場」が建つ中央二丁目11番地区では、旧北上川の堤防整備と合わせて市の「かわまちづくり」計画が進んでいる。市場を拠点とし、周辺では今秋に立体駐車場(220台)、観光バス駐車場(5台)、来春ごろには、かわまち公共施設や交通広場が完成する予定だ。

 市場は年間購買客40万人、売上は7億8千万円が目標。元気いしのまきの遠藤泰雄統括マネジャーは「石巻の製品をアピールし、地元の方や観光客に足を運んでもらう施設を目指す。販売を通じて農業、水産業に元気を届けていきたい」と話していた。

 なお、同社では社員やパートも募集している。問合せは(電話93―8111)まで。

【写真】建物の外観が完成した

最新ニュース

  • 里山にシャクナゲ1千本 渡波・汐見台公園付近
     石巻市渡波の汐見台公園周辺の山林に咲く約1千本のシャクナゲが見頃を迎えた。市民団体の石巻グリーングローブの会(小野崎秀通会長、約40人)が手入れをし...
    (2017/5/17)
  • 患者と接してやりがい実感 石巻赤十字病院
     石巻赤十字病院(金田巖院長)で12日、高校生を対象とした「ふれあい看護体験」が開かれた。参加した生徒たちは実際の医療現場で看護師や患者たちと関わり...
    (2017/5/16)
  • 母国のために力を貸して
     3月31日―4月1日の豪雨で発生した大規模洪水により甚大な被害が見舞われている南米のコロンビア共和国を支援しようと、石巻地方に暮らす中南米出身者が「エ...
    (2017/5/16)
  • 広がる笑顔の輪と交流 子そだてフェスタ
     いしのまき子そだてフェスタが14日、遊楽館で開かれた。館内には、親子で楽しめる体験コーナーやステージイベント、屋台などが並び、市内外から訪れた1500...
    (2017/5/15)
  • 高総体地区大会が開幕 ぶつけ合う若い力と意地
     第44回高体連石巻支部総合体育大会(県高体連石巻支部主催)の多くの種目が14―15日にかけて、石巻地方などで開催された。各競技で高校生アスリートたちが個...
    (2017/5/15)
  • 春の山野草展 14日まで心癒やす展示会
     小さくもかれんに咲く山野草は、素朴さの中に凛とした存在感を示す。石巻地方では13日から各所で展示会が開かれ、丹精込めて育てた鉢植え作品が愛好者のみ...
    (2017/5/13)
  • 東松島市版「マンホールカード」発行
     東松島市は、全国で人気が高まっている下水道マンホールふたのコレクションカード「マンホールカード」をこのほど発行した。市のキャラクター「イート&イ...
    (2017/5/13)
  • 宿泊トレーラーハウス32棟 エルファロ 女川駅前に移転
     東日本大震災後に女川町でトレーラーハウス宿泊村を営業してきた「ホテル・エルファロ」が、今年8月にJR女川駅エリアへ移転する。女川温泉ゆぽっぽやシー...
    (2017/5/12)
  • 14日は母の日 「ありがとう」を花に込めて
     5月第2日曜日となる14日は母の日。母親に感謝する日として世界的に定着している。そしてプレゼントの王道と言えばカーネーション。石巻地方の生花店でも、...
    (2017/5/12)
  • 震災から6年2カ月 河北署 雄勝などで不明者捜索
     東日本大震災から6年2カ月の月命日に合わせて河北署は11日、石巻市雄勝地区などで行方不明者の捜索を行った。漁港や付近の海岸線に打ち上げられた漂流物な...
    (2017/5/11)