石巻日日新聞

東京事務所への職員派遣着々 渥美市長初の記者会見

2017/5/10
 東松島市の渥美巖市長(69)は9日、就任後初の定例記者会見で「国や県の力を借り、一気に復興を加速したい」と抱負を語った。

 県議生活22年で培った国、県とのパイプを自負し「企業誘致や農漁業振興、福祉の充実などを任期中に実現していく」と強調。また市長選で公約とした県東京事務所への市職員の派遣について村井嘉浩知事とほぼ合意したことについても触れ「できるだけ早い段階で実現していく」と述べた。

 会見では、このほか各担当部から本年度の主な政策や取り組みについて報告があった。このうち移転対策部は住宅再建や仮設住宅に関して復旧復興の近況を説明した。

 市では昨年11月の野蒜ケ丘を最後に、防災集団移転団地の宅地をすべて住民に引き渡し、災害公営住宅の引き渡しも今年が大詰めを迎える。これに伴い、プレハブ仮設住宅の入居率も徐々に減少しており、4月28日現在で236世帯(13・7%)となっている。また移転元地の買取状況は計4216筆のうち、4116筆を買取済み(97・63%)。残り100筆の元地は相続や抵当権の関係で未買取りの状況だという。

 また建設課は、全国各地で発行され人気を呼んでいる「マンホールカード」の東松島市版が発行されたことを報告した。

【写真】新市長としての抱負を述べる渥美市長

最新ニュース

  • 里山にシャクナゲ1千本 渡波・汐見台公園付近
     石巻市渡波の汐見台公園周辺の山林に咲く約1千本のシャクナゲが見頃を迎えた。市民団体の石巻グリーングローブの会(小野崎秀通会長、約40人)が手入れをし...
    (2017/5/17)
  • 患者と接してやりがい実感 石巻赤十字病院
     石巻赤十字病院(金田巖院長)で12日、高校生を対象とした「ふれあい看護体験」が開かれた。参加した生徒たちは実際の医療現場で看護師や患者たちと関わり...
    (2017/5/16)
  • 母国のために力を貸して
     3月31日―4月1日の豪雨で発生した大規模洪水により甚大な被害が見舞われている南米のコロンビア共和国を支援しようと、石巻地方に暮らす中南米出身者が「エ...
    (2017/5/16)
  • 広がる笑顔の輪と交流 子そだてフェスタ
     いしのまき子そだてフェスタが14日、遊楽館で開かれた。館内には、親子で楽しめる体験コーナーやステージイベント、屋台などが並び、市内外から訪れた1500...
    (2017/5/15)
  • 高総体地区大会が開幕 ぶつけ合う若い力と意地
     第44回高体連石巻支部総合体育大会(県高体連石巻支部主催)の多くの種目が14―15日にかけて、石巻地方などで開催された。各競技で高校生アスリートたちが個...
    (2017/5/15)
  • 春の山野草展 14日まで心癒やす展示会
     小さくもかれんに咲く山野草は、素朴さの中に凛とした存在感を示す。石巻地方では13日から各所で展示会が開かれ、丹精込めて育てた鉢植え作品が愛好者のみ...
    (2017/5/13)
  • 東松島市版「マンホールカード」発行
     東松島市は、全国で人気が高まっている下水道マンホールふたのコレクションカード「マンホールカード」をこのほど発行した。市のキャラクター「イート&イ...
    (2017/5/13)
  • 宿泊トレーラーハウス32棟 エルファロ 女川駅前に移転
     東日本大震災後に女川町でトレーラーハウス宿泊村を営業してきた「ホテル・エルファロ」が、今年8月にJR女川駅エリアへ移転する。女川温泉ゆぽっぽやシー...
    (2017/5/12)
  • 14日は母の日 「ありがとう」を花に込めて
     5月第2日曜日となる14日は母の日。母親に感謝する日として世界的に定着している。そしてプレゼントの王道と言えばカーネーション。石巻地方の生花店でも、...
    (2017/5/12)
  • 震災から6年2カ月 河北署 雄勝などで不明者捜索
     東日本大震災から6年2カ月の月命日に合わせて河北署は11日、石巻市雄勝地区などで行方不明者の捜索を行った。漁港や付近の海岸線に打ち上げられた漂流物な...
    (2017/5/11)