石巻日日新聞

高総体地区大会が開幕 ぶつけ合う若い力と意地

石巻日日新聞 5月15日(月) 配信

 第44回高体連石巻支部総合体育大会(県高体連石巻支部主催)の多くの種目が14―15日にかけて、石巻地方などで開催された。各競技で高校生アスリートたちが個人・団体戦に臨み、県大会や地区優勝など日頃の練習の成果をぶつけ合った。
 大会では、陸上、バスケ、卓球、サッカー、ソフトボール、硬式野球、ソフトテニスが県大会予選を兼ねており、陸上競技、硬式野球、ソフトテニスは先行して実施済み。14―15日はバスケットボール、卓球、ソフトボール、バレーボール、柔道、剣道などの競技が行われた。
 石巻市総合運動公園では14日、ラグビー競技に地元3校が出場。選手たちを応援しようと、多数の高校生らが声援を送っていた。
 また、15日のサッカー競技では、石巻西と石巻商業が対戦。前半から積極的にゴールを狙う石巻商業に対し、攻撃の隙を突いて得点をうかがう石巻西のゲームを、応援に駆け付けた両校の生徒や教員らが大きな声援で盛り上げていた。

【写真】プライドをかけて試合に臨んだ

最終更新:5月15日(月)

新着記事