石巻日日新聞

第3子以降に入学祝金 出産にもベビー用品贈呈

石巻日日新聞 5月18日(木) 配信

 子育てしやすい環境づくりに取り組む石巻市は、小学校に本年度入学した第3子以降の子どもがいる保護者を対象に、子ども一人当たり3万円の祝金を支給している。支給を受けるには申請が必要で、今月末まで受け付ける。また、4月以降の新生児に対する出産祝い品の贈呈も市独自の事業として始めた。

 入学祝金の支給は、子育て家庭の経済的負担を軽減するのが目的で、200人分の必要経費600万円を確保した。10日までに46件の申請がある。

 県の補助を受けて本年度から多くの市町で導入しているが、亀山紘市長は30年度以降、市独自に第2子以降から支給することを目指している。

 一方、出産祝い品の贈呈は東日本大震災後、愛媛県今治市の支援で実施。本年度からはふるさと納税を活用して市が予算化し、これまでも母親に好評だった「今治のバスタオル」と、同じタオル地の市オリジナルのおくるみなどをセットにした。新生児訪問の際に助産師または保健師から贈呈され、市長からのお祝いメッセージカードも添える。

【写真】触り心地が良い今治ブランドのベビー用品

最終更新:5月18日(木)

新着記事