石巻日日新聞

蛇田、赤井が四強入り 準々決勝2試合熱戦

中津山、サイクロンも健闘

石巻市 教育・文化 石巻日日新聞 6月19日(月) 15時18分 配信
小技を生かして何度も本塁を突いた蛇田(蛇田―中津山)

 「第59回石日旗争奪少年野球大会」(石巻日日新聞社主催)は17日午後から18日にかけて、東松島市の鷹来の森運動公園で1―2回戦9試合と準々決勝2試合が行われた。準々決勝では、蛇田イーグルスが中津山ツイスターズとの接戦を制したほか、赤井ビクトリーがサイクロンBBCを投打で圧倒し、四強に名乗りを上げた。大会は19日に2回戦1試合、20日に準々決勝2試合を行う。

蛇田 2連覇に勢いづく


 準々決勝

蛇田イーグルス 7 - 5 中津山ツイスターズ

 【蛇】相澤―大澤【中】貝田―皆口咲▽三塁打=皆口咲(中)▽二塁打=大澤(蛇)、皆口咲、伊丸岡(中)

 先攻の蛇田は初回、1死二、三塁から4番菅野がスクイズを決めるなど2点を先制したが、その裏、中津山打線に先発相澤が捕まり3点を献上した。それでも二回に同点、三回には3番佐藤が右前打で出塁し、無死二塁から4番菅野の内野安打で勝ち越しに成功。五回にも2点を追加し、試合を決めた。

 中津山は最終回に皆口咲の二塁打などで2点を返す意地を見せたが、後続が倒れた。


一投一打

 蛇田・菅野葵人遊撃手(勝ち越し内野安打)チャンスの場面で、ベンチからバントのサインが出た。絶対に決めてやろうと思った。残り試合もどんどん打って優勝したい。


赤井 投手対決で軍配


安定した投球で完封した赤井の加藤投手(赤井―サイクロン)
安定した投球で完封した赤井の加藤投手(赤井―サイクロン)

 準々決勝

赤井ビクトリー 4 - 0 サイクロンBBC

 【赤】加藤―龍田【サ】佐々木匠―佐藤▽二塁打=遠藤、加藤(赤)

 大会屈指の好投手対決となった赤井とサイクロンの試合。先攻の赤井はサイクロンの主戦投手佐々木に二回まで三者凡退に打ち取られたが、三回には二者連続四球で出塁し、9番菅原のスクイズなどで2点を先制。五回には1番遠藤、2番加藤の二者連続の適時二塁打で2点を加えダメ押しした。

 赤井の先発加藤は二回1死満塁のピンチを打破し、その後は要所を締める投球で、打者3人で抑える活躍を見せた。

一投一打

 赤井・加藤光志郎投手(2安打完封)満塁もあったが、球が走っていたので焦らずに投げきることができた。次も安定した投球で完封し、チームとしても初となる決勝に進みたい。

最終更新:6月19日(月) 15時18分
石巻市 > 鷹来の森運動公園

新着記事