第59回全日本コンクール こけしボールで山形市長賞
2017/5/20

 石巻市立町にある林屋呉服店の若旦那で、「石巻こけし」を手掛けるこけし作家の林貴俊さん(43)が国内最大のこけし公募展である「第59回全日本こけしコンクール」で山形市長賞を射止めた。受賞作品は「石巻こけしボール」。初出品した平成27年に、仙台商工会議所会頭賞を得て以来2年ぶり2度目の受賞となる林さんは「制作の励みになる。石巻を知ってもらう機会につながれば」と喜びを語った。
 同コンクールは県、白石市、白石商工会議所が主催している。伝統、新型、創作、木地玩具など計5部門があり、今年は国内外延べ156人から823点が出品。内閣総理大臣賞をはじめ、64点が受賞作に選ばれた。
 このうち、山形市長賞を受賞した林さん制作の「石巻こけしボール」は直径約10aのボール状に加工した木地玩具。転がすことで表面に空いた20個以上の小さな穴から表情豊かなミニこけしたちが顔を出すユニークな作品だ。審査員からは独創的な発想と加工技術が評価された。
 アイデアが浮かんだきっかけは「2歳になる娘が遊んで楽しいもの」だったという林さん。「半年間の構想を経て、ようやく形にできた。自信があった」と振り返り、その上で「これからも誰も見たことのない面白いこけしを作って、『石巻と言えばこけし』と言ってもらえるように頑張っていきたい」と意気込んでいた。

【写真】山形市長賞に輝いた「石巻こけしボール」
Olive Diary DX Ver1.0